クリニック紹介

About Our Clinic

当院のミッション・ビジョン
Clinic  Mission / Vision
図1.png
Mission
医療を通して探求し、あるべき未来に挑戦する
Vision
医療×地域で動の中に静のある”関わりしろ”を実現する

 

在宅医療の原体験は研修医時代

 

私の原体験は、研修医時代にあります。

当時、誤嚥性肺炎を繰り返す⾼齢者の方々を多数担当していて、退院することが難しく、

介護施設や療養病院の転院待ちを余儀なくされるケースを何度も見てきました。

そこで、「病院だけでは、すべての高齢者が最期を幸せに過ごすことができず、

これからは地域の医療体制を構築しなくてはいけない」と思い、

家庭医療の研修を経て、在宅医療の開業に至りました。

多職種でチーム一丸となる理想を追い求めて

在宅医療を経験してきて感じたことは、日々全員で話し合い、模索しながら、

患者さんに質の高い在宅医療を届けるために考え抜く、

そんな多職種でのチームプレイを重ねていきたいという想いでした。

また、患者さんや家族の不安にいち早く気づき、多職種での連携で在宅の安定化を目指す

ケースもあれば、最期は自宅で亡くなりたいという患者さんの希望に応えるべく、

緩和医療を提供するケースもあります。

そんな多様なニーズに答えるべく、1人ではなく関わる職種全員でアイデアを出すことが

私の広めていきたい、在宅医療の在り方です。

でも1番は、新しい時代の在宅医療をつくりたい


しかしながら、日々の診療だけでは、目の前で起きていることの本質に辿り着けないと思うことがあります。

本質を見定めるためには、多角的な視点や新しい取り組みの中で誘発されるのではないか

とさえ思います。

そこで、開業経験を重ねた次のSTEPとして、当院では、新しい在宅医療の形に挑戦します。

これまでヘルスケア業界や若手開業医コミュニティでの講演、患者さんとの診療経験を

共有する終末期医療勉強会の開催、医師会やメディアを通じてMedical Care Station

(医療介護専用SNS)活用の推進・啓発などを行っていきましたが、

さらに杉並という私の住み慣れた土地で、患者さんと家族の本音や価値観を大事にする

医療と介護の連携を構築すること、医療の文脈からまちづくりに関わっていくこと、

院内のIT、対話、デザインを意識した業務スタイルを構築していくこと、を目標に前進していきます。​

             杉並PARK在宅クリニック  院長 田中 公孝

専門分野について
What is your special field?

 

私たちの特徴は、家庭医 が提供する 訪問診療 です

訪問診療は、通院困難な高齢の患者さん、認知症、癌末期、難病の患者さんなどを対象に

ご自宅まで訪問して診療を行います。

 

加えて、私達のクリニックでは、家庭医療専門医である院長を中心に医学的な状態把握に

とどまらず、ご本人・ご家族の状況、考え方を把握して、介護・療養方針の相談・提案を

進めていくスタイルを大事にしています。時には、ご家族の健康問題にも相談にのります。

​包括的に人生の最終段階を円滑に進めていくお手伝いを医療面からサポートします。​

​なぜクリニックを開業?
Why did it open? 
図1.png
図1.png
図1.png

 

在宅医療の原体験は研修医時代

 

私の原体験は、研修医時代にあります。

当時、誤嚥性肺炎を繰り返す⾼齢者の方々を多数担当していて、退院することが難しく、

介護施設や療養病院の転院待ちを余儀なくされるケースを何度も見てきました。

そこで、「病院だけでは、すべての高齢者が最期を幸せに過ごすことができず、

これからは地域の医療体制を構築しなくてはいけない」と思い、

家庭医療の研修を経て、在宅医療の開業に至りました。

多職種でチーム一丸となる理想を追い求めて

在宅医療を経験してきて感じたことは、日々全員で話し合い、模索しながら、

患者さんに質の高い在宅医療を届けるために考え抜く、

そんな多職種でのチームプレイを重ねていきたいという想いでした。

また、患者さんや家族の不安にいち早く気づき、多職種での連携で在宅の安定化を目指す

ケースもあれば、最期は自宅で亡くなりたいという患者さんの希望に応えるべく、

緩和医療を提供するケースもあります。

そんな多様なニーズに答えるべく、1人ではなく関わる職種全員でアイデアを出すことが

私の広めていきたい、在宅医療の在り方です。

でも1番は、新しい時代の在宅医療をつくりたい


しかしながら、日々の診療だけでは、目の前で起きていることの本質に辿り着けないと思うことがあります。

本質を見定めるためには、多角的な視点や新しい取り組みの中で誘発されるのではないか

とさえ思います。

そこで、開業経験を重ねた次のSTEPとして、当院では、新しい在宅医療の形に挑戦します。

これまでヘルスケア業界や若手開業医コミュニティでの講演、患者さんとの診療経験を

共有する終末期医療勉強会の開催、医師会やメディアを通じてMedical Care Station

(医療介護専用SNS)活用の推進・啓発などを行っていきましたが、

さらに杉並という私の住み慣れた土地で、患者さんと家族の本音や価値観を大事にする

医療と介護の連携を構築すること、医療の文脈からまちづくりに関わっていくこと、

院内のIT、対話、デザインを意識した業務スタイルを構築していくこと、を目標に前進していきます。​

 

            杉並PARK在宅クリニック  院長 田中 公孝

私達のコンセプト
Our Concept

Public 

在宅医療に特化したクリニック

として公的な役割を果たし、

​スタッフや地域の人達とやりたいを実現していきます。

また、医療を提供する傍ら、

医療介護ICTの普及とまちづくりを​​推進していきます。

Creative 

ご自宅の環境は人それぞれ。

在宅医療を受ける患者さんの家を 見つめ、創造的な関わりをします。

​院内は、IT化・ペーパーレスを

推進し、生産性・効率性を高め、

できた時間は様々な検討に費やす。

そんな先進的なクリニックの在り方を我々は目指します。

Sustainable 

24時間365日の対応は持続できるものでなければ続きません。

スタッフと知恵を出し合い、

多くの人の協力を得て、

クリニックが5年、10年先にも

持続して提供できる体制を

目指します。

当院が使用するデジタルツール
Digital tools
LINE WORKS_main.png
MCS.png

当院では、業務の効率化と自由度を高め、密な多職種連携を実現するべく、

以下のデジタルツールを導入しています

googleworkprace1.png
スクリーンショット 2020-12-31 17.07.56.png
kigoftime.png
バイタルリンク.png